本文へスキップ

タガメ、大型のゲンゴロウ、小型のゲンゴロウ、コオイムシ、ミズカマキリなど飼育方法・繁殖方法・販売価格などを掲載しています

ゲンゴロウ(飼育方法)

準備 飼育方法 ゲンゴロウTOP
  ※こちらに記載されております内容、写真は全てイメージ、一例です
飼育方法:
 環境作り
まず初めに、水そうなどの容器に底床(細かい砂利など)を3cm敷きます。
そして、水深は10cmほど、水はカルキ抜きを使用せず、1日汲み置きした水を使用します。甲羅干しが出来るように水草、陸地になるような場所、大きな石を入れます。
初めのうちは、容器内を動き回ったり、飛び跳ねたり、落ち着きが無いように見えますが、徐々に慣れて静かになります。
 エサやり
赤虫、お刺身、切り身、煮干(塩分がない)など
越冬時の冬眠以外の3月~11月初旬にエサは適度に必要です。ゲンゴロウは1週間エサがを与えなくても生きています。水質を汚さない適度な量を与えて下さい。
 接 触
頻繁に手などで触ると弱ってしまうので、必要以上に触らないようにしてください。また、臆病なので水そうなどをたたくことはよくないです。
触ると頭の横から臭い、白い液を出します。
 水換え
水質が汚い、油が浮いてきたと感じましたら水換えをしてください。
ゲンゴロウは肉食性の為、アンモニア成分も大量に含まれています。また、ゲンゴロウはお尻(腹部先端)から呼吸しています。食べかす等により水面が油膜で覆われてしまうと、呼吸ができなくなり、窒息死してしまう場合もあります。
 水 温
低温には強いですが、高温には弱く死んでしいます。
直射日光が当たる場所は必ず避けてください。
 冬眠・冬越し
11月中旬頃~2月末ごろまで、水中、石の下などで冬眠をします。冬眠中はエサは必要ありません。じっとしているので、死んでしまったのかと勘違いするぐらい動きません。
 共食い
共食いは見たことがありませんが、死んでしまった個体は、他の個体に食べられることもあります。
 混泳ぐ
動物性の生き物も時には捕食します。小さい魚、メダカなどは食べられてしまう恐れもありますので、混泳は避けたほうがよいです。
準備 飼育方法 ゲンゴロウTOP