本文へスキップ

タガメ、大型のゲンゴロウ、小型のゲンゴロウ、コオイムシ、ミズカマキリなど飼育方法・繁殖方法・販売価格などを掲載しています

タガメ(繁殖方法)

準備 飼育方法 よくある質問
成長過程 繁殖方法 タガメTOP
  ※こちらに記載されております内容、写真は全てイメージ、一例です
繁殖方法: 
 メ ス
  【メスの特徴】
メスのサイズのほうがオスよりも大きいです。1年でおおよそ3~5回産卵します。
 季 節
タガメは毎年、春(4月下旬)~秋(9月初旬)頃が繁殖シーズン(繁殖期)です。
 エ サ
冬眠開けのメスは食欲が旺盛です、共食いも多いです。冬眠開けは別々に飼育し、エサは多めに与えたほうが良いです。お刺身や切り身も食べますが、繁殖させるのであれば、生餌が一番適していると思います。
 様 子
エサをたくさん食べ、産卵の準備が出来ると、メスの腹部は、非常に大きく膨らんできます。
 交 尾
  交尾は夜行われ、深夜から明け方に水面から出ている杭に登り産卵を行います。
メスの腹部がかなり膨らみましたら、交尾が近いことが多いです。
 産 卵
  メスは水面から出た杭の上の方に、泡をお尻から出しながら、その中に卵を整列と並べながら杭にくっつけていきます。通常、卵の数は60~120個ぐらいです。
オスは卵が乾燥しないように、自分の体を使って、数時間おきに水をかけ、卵を管理・保護します。メスはこのような卵の世話をいっさいいたしません。逆に卵塊を壊してしまう場合もあります。
 成長過程
成長過程のページへ移動
 
準備 飼育方法 よくある質問
成長過程 繁殖方法 タガメTOP