本文へスキップ

タガメ、大型のゲンゴロウ、小型のゲンゴロウ、コオイムシ、ミズカマキリなど飼育方法・繁殖方法・販売価格などを掲載しています

販売商品


※販売・飼育方法・繁殖方法の掲載 (タガメ販売中 8/23現在)

※販売・飼育方法・繁殖方法の掲載(タイコウチなど販売中 8/23現在)
 

※販売・飼育方法・繁殖方法の掲載(シマゲンゴロウなど販売中)
【タガメ・ゲンゴロウなど】
飼育方法・環境・繁殖方法・飼い方,昆虫販売価格。
ゲンゴロウの飼育・繁殖方法・販売
タガメの飼育・繁殖方法・販売などを掲載
※ご不明な点はお問合せください
※当店はインターネットのみの販売となります、ご了承ください
タガメとは?
タガメは、日本最大の水生昆虫、且つ、日本最大のカメムシです(臭くはありません)。そして、小魚、カエル、ザリガニ、昆虫など水中の小動物を捕食する肉食性の昆虫です。
タガメは、近年、農薬の普及や環境破壊によってその数を急激に減らし、自然界では生存数は極端に少なく、絶滅危惧II類(環境省レッドリスト)に分類されている程です。
このように自然界では、生存が非常に難しいですが、人の飼育下であれば、環境管理ができるため飼育はさほど難しくはありません。
通常、単年ではなく2,3年生きます、なかなか手に入らない珍しい昆虫です。
※自然界保護の観点から、販売している生体は自家繁殖で育ったも等になります(一部を除く)
ゲンゴロウとは?
ゲンゴロウは水生生物最大の甲虫です。飼育がとても容易で、水質悪化、エサ不足にも強く、寿命も数年と長く、見た目のかわいらしさもあって、とても人気があります。エサは主に死んだばかり、弱った小魚や昆虫を摂食することが多いです。
農薬、水質汚染、ブラックバスの無差別放流などで数を減らし、かつては大量に繁殖していたナミゲンゴロウ、オオゲンゴロウは、今では準絶滅危惧(環境省レッドリスト)に指定されています。
※自然界保護の観点から、販売している生物は自家繁殖等で育った個体です(一部除く)
水生昆虫とは?
水中昆虫で代表的な昆虫は、多くの方がご存知のタガメとゲンゴロウです。水生昆虫とは、「誕生してから死んでしまうまで、または、ある一定の時期、例えば幼虫の時期だけ水中で生活する昆虫を、水生昆虫と言います。
昆虫は本来は陸で生活するので、一生を完全に水中で過ごす水生昆虫は、実際は多くないです。脱皮、卵、蛹の時期を陸で過ごすなど、一時的には水中に居ない昆虫も多いです
ホタル、トンボも卵から幼虫の時期のみ、水中にいます。


青いザリガニ


白いザリガニ


ウーパールーパー

ショップ情報

タガメNET

〒426-0002
静岡県藤枝市横内564-1
TEL.090-4190-5555
TEL.054-668-9090
FAX.054-644-3036
info@tagame.net
→ショップ案内